美郷町商工会地域おこし協力隊は、平成22年4月から配属されました。美郷町役場のある粕渕地域の商店街に空き店舗が増え始めた頃のことです。薬局がなくなったため、空き店舗対策として、スーパー・薬局再生(産直市併設)の支援活動が最初の活動でした。産直「みさと市」は、平成22年10月にオープン。店長は協力隊OBが務めました。

みさと市

現在の商工会地域おこし協力隊の活動は、旧薬局にオープンした「いちごのお店」の支援活動です。いちごのお店は、粕渕商店街の女性グループ「いちご会」が「商店街に来られたお年寄りに立ち寄ってもらい、バスや汽車待ちの時間を過ごしてもらいたい」という心遣いから開店しました。「軽食やお茶、コーヒーも出せたら」ということでお店に厨房を作り、コーヒーと町内産のそば、カレーライス、ハヤシライスを提供するお店になりました。

いちごのお店そば

地域おこし協力隊員二人で月曜日から木曜日までのランチ時間(11:30~13:30)の営業を支援しています。

岸下京子志村瑞枝

最近は、月一回、数量限定ですがバラエティに富んだおかずが食べられるプレートランチ(デザート&コーヒー付き)も始めました。

プレートランチ

Facebookも始めました→こちら  お蕎麦などにつける日替わり小鉢の写真やプレートランチの写真をUP。町外からのお客様も増やせたら良いなと思ってます。

また、料理の幅を広げる(ステップ・アップ)ために、それぞれ興味ある分野の勉強もしています。

豊かな自然を生かしたブレンドティーなどを作っている「美郷町薬草研究会」やすり鉢を使った料理教室に参加したりしました。

その教室で作った料理です。

料理1料理2

お店での小鉢作りに生かしたいと思います。