石見銀山で採掘された銀をはこんだ銀山街道の面影が残る別府地域。

今回はここ「美郷の別府」へやってきました。

美郷町別府からの三瓶山

2017年12月 美郷町地域おこし協力隊ネットワーク会議
<地域の方との顔合わせ、各自の活動報告、銀山街道を歩く>

日時:2017年12月20日(水)15:00~17:15 終了後は忘年会

会場:別府公民館 

1. NPO法人別府安心ネット副理事長と顔合わせ

別府地域の協力隊の配属先である、NPO法人別府安心ネットの副理事長も来られ、顔合わせをしました。

会議

NPO法人別府安心ネット ホームページはこちら

地域を盛り上げようとする活動は、人から求められて仕事や事業と成りうるので、そういった視点で地域おこし協力隊の活動に取り組んで欲しい。という協力隊の活動をする上でのアドバイスをいただきました。

2. 銀山街道を歩く

別府公民館をスタートし、散策へGO!

銀山街道

みんなで別府里歩きマップ「銀の道やなしおコース」を持って出かけました。
このマップは3種類あり、2014年当時の別府地域の協力隊と観光協会の協力隊、別府地域の方の手によって制作されたものです。

別府里歩きマップダウンロードはこちらから(美郷町観光協会)

銀山街道 

「米とぎ橋」。銀を運んだ一行が、尻無川を渡った橋ですね。
そんな名前がつくくらい美しかったんですね。
今は米をとげるほどではないですが、ホタルが舞う川です。

銀山街道

「井戸平左衛門の頌徳碑」サツマイモの栽培を普及させて石見地方の飢饉を救った名代官、井戸公をたたえる碑。なんと、島根県内に232基以上もの碑があるそうです!そんだけ人々を救ったんですね~。
県内で多いのは浜田市と大田市。美郷町内では23基が判明しているそうです。

銀山街道

悲話「箱茂のお松」!
~その昔、海からも望めたという枝張り七間ある大きな松があり、通称「箱茂のお松」の名で、往来する旅人に親しまれていた。
ある魚売りが行商から帰るたびに、このお松の事を話すので、女房はてっきり隠し女と嫉妬して呪いをかけたので松は枯死し、今の松はその三代目という。~ 

女房は「私が呪いました」って自首したのでしょうかね?

七間、計算すると12.7メートル。たしかに巨木ですが、海からも見えたって本当かなあ~?
実物があれば良いのですが枯死してしまったので二代目を植えたけどそれも枯死し、めげずに三代目を育てている美郷町民の願い!!ガンバレ!

銀山街道

右側の階段を登ったところにあるのが三代目です。

銀山街道

大江高山火山群が見える展望所から、夕日が見えました。

銀山街道 

3. 忘年会

みんなの持ち寄り品で、イノシシ鍋&フグ・タラ鍋の忘年会をしました。

別府公民館

参加費0円!食材は、作ったものやもらったもの、獲ったものが集まるのが田舎の良いところです。

 

協力隊は今日も各地で活動中!

新規隊員も募集中です!
見学、質問、インターンシップ、応募は随時、お待ちしております!
興味のある方はどうぞご連絡ください。働きながら田舎暮らし、してみませんか?

<美郷町地域おこし協力隊について>
http://www.town.shimane-misato.lg.jp/soshiki/61/1118/

2017.12.21